Flash CS5.5でAndroidのネイティブ拡張にゼロから取り組んでみる、1

By | 2011年12月1日

Flash CS5.5環境で、Android向けのANEにゼロから取り組んでみましたので手順をご紹介します。
手順といっても、すでにいくつかブログ等で取り上げられている情報をAndroidに集約して取りまとめたものになります。
最初の一歩として、javaからテキストを受け取ってFlash上のテキストフィールドにメッセージを出します。
最初に結論言ってしまうと、「すごくめんどくさい」。
長くなりそうなので何回かに分けます。

●使用するソフト、コマンド

・Flash CS5.5 (swf、swcの書き出し)
・Eclipse(jar書き出し)
・コマンド adt (aneのパッケージ、apkのパッケージ)
・コマンド adb (端末にapkをインストール)

●事前準備

CS5.5、Eclipseのインストールはもちろん、他に必要になる各種設定をしておいてください。
参考
Flash Professional CS5.5 で Flash Player 11 と AIR 3 を使う方法 -akihiro kamijo
Androidアプリの開発環境であるEclipseの使い方を知る -ASCII.jp

●全体のおおまかな流れ

1、ネイティブ側のjarを作成。
2、jarとの窓口になるswcを作成。
3、jarとswcをaneにパッケージ。
4、AIRに必要なswfを作成。
5、swf、aneもろもろをapkにパッケージして完成。

次回はaneファイル作成の手順です。
上の流れで行くと、1〜3に該当します。

3 thoughts on “Flash CS5.5でAndroidのネイティブ拡張にゼロから取り組んでみる、1

  1. Pingback: Android環境のANEにゼロから取り組んでみる、2 | cda244 blog

  2. Pingback: Android環境のANEにゼロから取り組んでみる、3 | cda244 blog

  3. Pingback: AIR for Android ネイティブ拡張 with Flash CS5.5 | cda244 blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です